5択Q | 第163回芥川賞・直木賞、Bリーグのチェアマンなど

Q.

【6879】2019年、「改良」で第56回文藝賞[主催:河出書房新社]を受賞しデビューした、神奈川県藤沢市生まれで、慶應義塾大学法学部を卒業している小説家で、2020年、「破局」で第163回芥川龍之介賞を受賞し、平成生まれとしては初の同賞受賞者となったのは誰?

  1. 三木三奈
  2. 遠野遥
  3. 高山羽根子
  4. 岡本学
  5. 石原慎太郎

【6880】本名を坂東齢人(ばんどう・としひと)という小説家・馳星周(はせ・せいしゅう)の第163回直木三十五賞受賞作のタイトルは何?

  1. 『少年と馬』
  2. 『少年と兎』
  3. 『少年と虎』
  4. 『少年と犬』
  5. 『少年とジャニー喜多川』

【6881】浜崎あゆみとの交際歴もある、TOKIOのメンバーであるミュージシャン、タレントで、このほど、来年3月いっぱいをもってジャニーズ事務所を退所し、TOKIOから脱退することが発表されたのは誰?

  1. 城島茂
  2. 国分太一
  3. 松岡昌宏
  4. 長瀬智也
  5. 山口メンバー

【6882】ステロイド系抗炎症薬の一つで、このたび、新型コロナウイルス感染症の治療薬として厚生労働省の診療の手引きに追加掲載され、国内で2例目となる、同感染症に対する使用が認められた治療薬となったのは何?

  1. デキサメタゾン
  2. レムデシビル
  3. アンジェス
  4. アビガン
  5. カスペルスキー アンチウイルス

【6883】千葉ジェッツふなばしの社長、会長を歴任した人物で、今月、川淵三郎、大河正明に続いて3代目となる、Bリーグ(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)のチェアマン(代表理事CEO)に就任したのは誰?

  1. 島田慎一
  2. 島田慎二
  3. 島田慎三
  4. 島田慎八
  5. 島田紳助

A.

【6879】2. 遠野遥
※高山羽根子も「首里の馬」で第163回芥川龍之介賞を受賞した。

【6880】4.『少年と犬』

【6881】4. 長瀬智也

【6882】1. デキサメタゾン
※新型コロナウイルス感染症の治療薬として、効果が検証され国内で最初に使用が認められたのは、エボラ出血熱の治療のために開発された「レムデシビル」。

【6883】2. 島田慎二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。