「書籍」タグアーカイブ

5択Q | 第163回芥川賞・直木賞、Bリーグのチェアマンなど

Q.

【6879】2019年、「改良」で第56回文藝賞[主催:河出書房新社]を受賞しデビューした、神奈川県藤沢市生まれで、慶應義塾大学法学部を卒業している小説家で、2020年、「破局」で第163回芥川龍之介賞を受賞し、平成生まれとしては初の同賞受賞者となったのは誰?

  1. 三木三奈
  2. 遠野遥
  3. 高山羽根子
  4. 岡本学
  5. 石原慎太郎

続きを読む 5択Q | 第163回芥川賞・直木賞、Bリーグのチェアマンなど

『女帝 小池百合子』の作者、写真集『Brand new me』など | 4問

最近よく売れている本についての出題です。
Q.

【6867】著書に『原節子の真実』や、先月(=令和2年5月)出版された『女帝 小池百合子』などがあるノンフィクション作家は誰?

続きを読む 『女帝 小池百合子』の作者、写真集『Brand new me』など | 4問

2020年本屋大賞 | 2問

Q.

【6817】2006年『恋するエゴイスト』でデビュー。田中芳樹の『銀河英雄伝説』の二次創作にハマったことがきっかけで小説を書くようになったという、ボーイズラブ(BL)のジャンルで10年以上のキャリアがあり、主な作品に『美しい彼』『わたしの美しい庭』『おやすみなさい、また明日』『神さまのビオトープ』などがある作家で、このたび、「2020年本屋大賞」で『流浪の月』が大賞に選ばれたのは誰?

続きを読む 2020年本屋大賞 | 2問

5択Q | 2時間20分29秒で優勝、野田クリスタルなど

Q.

【6780】先月(令和2年2月)、メンズ脱毛・ひげ脱毛の専門店「メンズクリア」のイメージキャラクターに就任したYouTuberは誰?

  1. HIKAKIN
  2. はじめしゃちょー
  3. シバター
  4. 宮迫博之
  5. キズナアイ

続きを読む 5択Q | 2時間20分29秒で優勝、野田クリスタルなど

5択Q | アゲアゲさん、重力波望遠鏡、現在の法務大臣など

Q.

【6755】先頃、棋士編入試験に合格し、将棋のプロ棋士になることが決定した「将棋ユーチューバー」の「アゲアゲさん」こと折田翔吾は、プロ棋士である誰の弟子でしょう?

  1. 安恵照剛
  2. 桐谷広人
  3. 森安正幸
  4. 藤井聡太
  5. 羽生結弦

続きを読む 5択Q | アゲアゲさん、重力波望遠鏡、現在の法務大臣など

松屋でジョージア料理、「ゴロゴ」シリーズの著者など | 6問

◆ニュースワード(人物など)にちなんだクイズ

【6730】今年(2020年)1月13日(現地時間)、エルネスト・バルベルデ監督を解任し、キケ・セティエンを後任に任命したと発表した、スペインのサッカークラブは何?

続きを読む 松屋でジョージア料理、「ゴロゴ」シリーズの著者など | 6問

競技かるたの名人・クイーン決定戦(令和2年)、ジャスティン・ビーバーが患った感染症など | 5問

◆ニュースワード(人物など)にちなんだクイズ

【6725】令和2年1月11日、滋賀県大津市の近江神宮で開かれた小倉百人一首競技かるたの日本一を決める第66期名人位の決定戦(*)で、岸田諭(さとし)を下し、初防衛を果たした、著書に『京大首席合格者が教える 「やる気」と「集中力」が出る勉強法』『偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な 「理解力」と「連想力」が劇的に身につく』などがある人物は誰?
(*)同日、開かれた第64期クイーン位の決定戦では、山下恵令(えれ)を下した本多恭子(ほんだ・きょうこ)が新クイーンに輝いた。

続きを読む 競技かるたの名人・クイーン決定戦(令和2年)、ジャスティン・ビーバーが患った感染症など | 5問

Q.

【6714】今年(令和元年)10月には「ホールド・ラップ」「実録小説 ゴルフの悪魔」「誘拐犯」「粗忽飲み屋」「居酒屋ツァラトゥストラ」の5編を収録した『〔 このクイズの答え 〕第一短篇集 純、文学』を上梓し、今年12月には自身初の歴史長編小説である最新作『首』を上梓した、有名なお笑いタレントは誰?
※どちらも〔本名〕名義で出版。

答えを見る

『~金の法則』『~だけがなぜ勝ち続けるのか』など〈今日は1問〉

Q.

【6710】以下は、本のタイトルである。
〔 〕内に共通して入るのは何?

『〔 〕 金の法則 ヒット商品は「ど真ん中」をねらえ』

『〔 〕だけがなぜ勝ち続けるのか』

『〔 〕からヒット商品が生まれ続ける理由』

『〔 〕の「発注力」』

『商売で大事なことは全部〔 〕で学んだ』

『〔 〕流 98%のアルバイトが「商売人」に変わるノート』

『〔 〕流 サービス・イノベーションの条件』

『〔 〕の「物流」研究 国内最大の店舗網を結ぶ世界最強ロジスティクスのすべて』

『〔 〕の足跡 ― 持続成長メカニズムを探る』

『まんがでわかる〔 〕の16歳からの経営学』

『〔 〕終わりなき革新』

『〔 〕とヤマト運輸のIT戦略分析―業界リーダーが持続的競争力をつくるメカニズム』

ヒント

答えを見る

Q.【6667】第67回を迎えた今年(2019年)は、
小説家の浅田次郎、
バレリーナの吉田都(みやこ)、
NHKの番組『おかあさんといっしょ』、
海軍史研究家の戸髙一成(とだか・かずしげ)とPHP研究所(※『[証言録]海軍反省会』全11巻)、
そして、追加で、ラグビー日本代表チームが受賞した、
戦前の1938年に文学賞として創設された、日本文学振興会が主催する賞は何でしょう?

ヒント1

ヒント2

答えを見る