「受賞」タグアーカイブ

2020年本屋大賞 | 2問

Q.

【6817】2006年『恋するエゴイスト』でデビュー。田中芳樹の『銀河英雄伝説』の二次創作にハマったことがきっかけで小説を書くようになったという、ボーイズラブ(BL)のジャンルで10年以上のキャリアがあり、主な作品に『美しい彼』『わたしの美しい庭』『おやすみなさい、また明日』『神さまのビオトープ』などがある作家で、このたび、「2020年本屋大賞」で『流浪の月』が大賞に選ばれたのは誰?

続きを読む 2020年本屋大賞 | 2問

5択Q | 叔父ロジャーが死去、3月11日「世界の果て」公開、マンガ大賞2020など

Q.

【6795】今年(2020年)3月11日、元内縁の妻のジョシ(ジョジー)・ハリスさんがカリフォルニア州の自宅で遺体で発見され、17日には叔父でプロボクシングの元2階級世界王者であるロジャーさんが死去した、アメリカの元プロボクサーは誰?

  1. モハメド・アリ
  2. マイク・タイソン
  3. ロイ・ジョーンズ・ジュニア
  4. フロイド・メイウェザー・ジュニア
  5. ガッツ石松

続きを読む 5択Q | 叔父ロジャーが死去、3月11日「世界の果て」公開、マンガ大賞2020など

ミスiD2020のグランプリと準グランプリ〈今日は1問〉

Q.

【6701】女優の玉城ティナ(※ミスiD2013グランプリ)や、「モテクリエイター」の“ゆうこす”こと菅本裕子(※ミスiD2016準グランプリ/HKT48の元メンバー)らが輩出した、講談社主催の女性アイドルオーディション「ミスiD」の「2020」で、
グランプリに輝いたのは、父親がイラン、イラク、ロシアをルーツに持つイラン出身の人物で母親は日本人とドイツ人のハーフであるというマルチなルーツを持つ15歳の嵐莉菜(あらし・りな)(※本名:リナ・カーフィサデー)でしたが、
準グランプリを受賞したのは、本名が鉢嶺嘉子であり、その特徴的な長い名前を略した「ハ息子」(ハムスコ)というニックネームを持つ、現在、大阪成蹊大学在学中の芸術家、イラストレーターである誰でしょう?

答えを見る

ミスiDのページにある「自己紹介PR」は以下の通り。

https://miss-id.jp/nominee/10998

将来の夢:画家

チャームポイント:顔

特技:絵

最近起きたウレシイ出来事:風俗で働き始めた友達が会う度に可愛くなる

最近起きた悲しい出来事:学校に行くと女の子に避けられる 隣りに座ると逃げる

「これだけは人に負けない!」というもの:人に勝ったことナシ!

人生で「これだけは経験しておきたい」こと:卵子提供で5人子を成すぞ!(卵子欲しい人は連絡下さい)

元気アイテム:Twitter

落ち着くと思う場所:トイレ(条件)・個室が多い・便座が適温・音姫がある・清潔

好きな言葉:【ポメラニアン多頭飼い】

あなたにとってのアイドル:月ノ美兎

Q.【6678】第17回を迎えた今年(令和元年)は、ティーン部門を高橋ひかるが、20代部門を山本美月が、30代部門を榮倉奈々が、オーバーフォーティー部門を木村多江がそれぞれ受賞した、女性有名人に対して贈られる賞といえば、その名称は「クラリーノ〔何〕大賞」?
※山本美月は今年、ベストジーニストも受賞している。

答えを見る

Q.【6667】第67回を迎えた今年(2019年)は、
小説家の浅田次郎、
バレリーナの吉田都(みやこ)、
NHKの番組『おかあさんといっしょ』、
海軍史研究家の戸髙一成(とだか・かずしげ)とPHP研究所(※『[証言録]海軍反省会』全11巻)、
そして、追加で、ラグビー日本代表チームが受賞した、
戦前の1938年に文学賞として創設された、日本文学振興会が主催する賞は何でしょう?

ヒント1

ヒント2

答えを見る

Q.

【6662】36回目を迎えた今年(2019年)は、
中島裕翔、山本美月(※以上、一般選出部門)、
出川哲朗、長谷川京子、E-girls(※以上、協議会選出部門)、
樋口泰行(※協議会選出部門 特別貢献賞)、
石橋静河、井手上漠(※以上、新設の、次世代部門)がそれぞれ受賞した賞といえば何?

答えを見る

【6647】オペラ歌手のマレーナ・エルンマンを母に持ち、
一方、父の〈スヴァンテ・-〉は俳優・プロデューサーであり、1903年にノーベル化学賞を受賞したスヴァンテ・アレニウスの親戚であるという、
スウェーデンのストックホルム生まれの人物で、
最近、「もうひとつのノーベル賞」とも呼ばれるライト・ライブリフッド賞の受賞者の一人に選ばれたのは誰?

ヒントを見る

答えを見る

令和元年 | 種田山頭火賞、萩原朔太郎賞、紫式部文学賞など4問

【時事】日本の文学賞

Q.

【6638】『草木の空』『テリトリー論』などの詩集で知られ、
『良いおっぱい悪いおっぱい』や『おなか ほっぺ おしり』などの子育てエッセイで有名であり、
また、夫であった西成彦(にし・まさひこ)との共著に『パパはごきげんななめ』『おなかほっぺおしり ポーランドゆき』などがある、東京生まれの詩人、小説家で、
このたび、春陽堂書店による第二回種田山頭火賞(*)の受賞者に決定したのは誰?
(*)第一回の受賞者は麿赤兒(まろ・あかじ)。

続きを読む 令和元年 | 種田山頭火賞、萩原朔太郎賞、紫式部文学賞など4問

2019年のアイズナー賞、マスオ役とジャムおじさん役の後任など | 6問

Q.

【6581】今年(令和元年)8月2日に死去した漫画家で、主な作品に『山田太郎ものがたり』『僕と彼女の×××(ペケみっつ)』『あひるの王子様』『極楽青春ホッケー部』などがあるのは誰?

続きを読む 2019年のアイズナー賞、マスオ役とジャムおじさん役の後任など | 6問

第161回芥川賞・直木賞

Q.

【6516】『プールサイド小景』で第32回芥川賞を受賞した小説家・庄野潤三の長女と同姓同名である、主な作品に『こちらあみ子』『あひる』『星の子』『父と私の桜尾通り商店街』などがある広島県生まれの小説家で、今年、『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞したのは誰?

続きを読む 第161回芥川賞・直木賞