アカウミガメ「悠」、世界で最も鳴き声が大きい鳥など、〈動物〉3問

Q.

【6668】世界で初めて造波設備を備えた「波の大水槽」や、
世界初の飼育下での繁殖に成功したロングノーズガー(※現在生き残っている1匹は今年3月に42歳の誕生日を迎え、これは日本国内の水族館で誕生した魚類の中で最長寿である)が泳ぐ「世界のさかな館」、
ほかにも、「ラッコ館」、「イルカライブ館」などの施設がある、
兵庫県神戸市にある水族館で、
国内初の人工ヒレを付けて泳いでいた人気者のメスのアカウミガメ「悠(ゆう)ちゃん」が今年死亡したことがニュースになったのはどこ?

【6669】このほど、同じく南米アマゾンに生息するムジカザリドリの記録を抜き、世界で最も鳴き声が大きい鳥に認定された、同じくカザリドリ科に属する鳥は何?

【6670】2019年10月22日朝、死んでいるのが発見されたオーストラリアのヒツジ(メリノ種)で、世界で最も毛の量が多い羊(ヒツジ)として2015年にギネス世界記録に認定されたのは、何という名前の羊でしょう?

A.

【6668】神戸市立須磨海浜水族園

【6669】スズドリ

【6670】クリス(Chris)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。