「感想です。」カテゴリーアーカイブ

QUIZ JAPAN全書02 未来に残したい至高のクイズ

昨日に引き続き、「QUIZ JAPAN全書」。
今日は「02」です。

「史上最大!第16回アメリカ横断ウルトラクイズ」優勝者にしてクイズ作家のTさんの問題集です。(有名な方なのでイニシャル表記にする必要はないのですけど、まあ、昨日と統一ということで)
第16回のウルトラクイズ、私も参加しました。結果は1問目のマルバツで敗退。対照的過ぎる・・・・。

ウルトラクイズ以外にも『クイズ王最強決定戦〜THE OPEN〜』4連覇などすごい実績があるにもかかわらず、『THEクイズ神』では、あえて・・・・
これ以上は伏せておきましょう。テレビクイズにゃ裏がある・・・・。

かつて、情報センター出版局から刊行されたいくつかのクイズ問題集がバイブル視されていた時代がありました。
この「02」は、それらにまったく引けをとっていません。1500問という量もさることながら、質も出色です。
しかしクイズ界では夥しい量のB5判(違う大きさのもありますが)の問題集が出回っていますので、「教科書」(2ページ)たる「02」といえども、昔の市販本のようには読み込まれることは少ないかもしれません。「エバーグリーン」(2ページ)な問題集なのにもったいないことです。

もったいないといえば、市販本を用いたフリーバッティング(クイズ界用語)ができないことです。どういうことなのかといいますと、市販本は、発売された途端に多くのクイズプレーヤーがひと通り読んでしまいますので、みんなで集まっての早押しの場では使用できなくなってしまうのです。早押しで、「問読み」以外で問題に目を通したことがある人が交ざっているのはフェアではありませんから。じゃあ、全員が既読だったら・・・、それは「クイズ」的には興ざめですな。

クイズ仲間が集って、「02」の問題で早押しをすれば楽しいにちがいないのですが、それをするためには事前に「読まないでください」と通知するしかありません。

というわけで、市販のクイズ本は、「読む」ものなのです。その意味では、「QUIZ JAPAN全書」は、各問題の直後に答えがあってありがたいですね。クイズプレーヤーにとっては、答えが別のページにあるのは不便なのです(問題文の近くに答えを書き込んでいる人も多いです)。

今、気が付きました。表紙が緑色なのは、エバーグリーンだからなんですね?

とは言いましても、世の中は常に変化し続けていますから、いつか使えなくなる問題が出てきてしまうのは仕方のないことです。
「10年後も出題できる問題」を基準にしていても、例えば、「現代のベートーベン」が「作曲家とされた人物」「日本の広島県出身の人物」になったりします。(すみません)

クイズ本の全問題が末永く生き残るというのは無理な話です。
省庁再編、平成の市町村大合併、ユーロ導入、などは過去問に大打撃を与えました。
それでも、問題集に占める使えなくなってしまう問題の割合は案外小さいんじゃないですかね。
うろ覚えですが、ある著名なクイズ王が著した市販本に、「クイズ本に載っている時事問題はあまり好きではない」というようなことが書いてありました。そしてこの本は息の長いクイズ本として存在し続けています。明らかに賞味期限が少ない時事問題でもない限り、問題集の問題がごっそり寿命を迎えることはないということです。でも、時事を排除したこの問題集に載ってる漫画が、こてこての時事ネタなのには笑えます。小沢一郎が「海部はバカだ」と言ってることとか。

脱線しすぎた。

「02」の1500問。後半あたりはかなりの難問です。いわゆる「長文難問クイズ」で広まっているネタともかぶっていました。

ジャンルは、「社会」「生活」「娯楽」「地理」「科学」「芸能」「スポーツ」「歴史」「言葉」「文学」「芸能」。
「娯楽」は斬新ですね。
でも、ジャンル表記はなくてもいいような気もしました。

1008問目(171ページ)。
もしかしてこれ(↓)と関係あるのかな?

https://lolipop-quizneta.ssl-lolipop.jp/horsemeat

「あとがき」の変化球系クイズ。(ネタバレにならないように書きます)
これは「ず」に注目すれば正解に近づけますね。「いず」の並びになる名前の部分で思いつくのは限られてきます。


田中健一の未来に残したい至高のクイズ I (QUIZ JAPAN全書)

QUIZ JAPAN全書01 ウルトラクイズ・ロストジェネレーションの逆襲

今月(2015年2月)、『QUIZ JAPAN』から別冊として2冊のクイズ本が同時に発売されました。
「QUIZ JAPAN全書」シリーズの最初の刊行です。

今日は、そのうちの「01」を紹介。(「02」は明日紹介予定)

内容は、著者Aさん(本のサブタイトルにも本名が明記してあるのにイニシャルにするのもなんですが、まあ一応イニシャルで統一ということで)のエッセイ(「クイズに青春を捧げた挫折と栄光の回顧録」)および「秘蔵クイズ問題500問」。

エッセイは、競技クイズ史の一面を知るうえで貴重な資料となるでしょう。
市販本で、1993年12月に行われた「第1回関西学生クイズオープン」についてこれだけページを割いているなんて画期的なことです。
この関西学生クイズオープンは、定義によってはクイズのオープン大会史の新たなる始まりと言ってもいいのではないでしょうか。もちろん、それ以前にもマンオブや早稲田主催の大会など様々な「オープン大会」がありましたが、関東以外で行われたことや、その他、ここには書けないこと(まあ、詳細は知らないんですけど)などを考えあわせれば、エポックメイキングな大会であったことは間違いないでしょう。
優勝したのはYさんでしたが、もしあの時、先にリーチをかけていたKさんが勝っていたら、オープン大会史は違ったものになっていたかもしれません。
「第1回関西学生クイズオープン」は、私が所属していたクイズ集団の面々が、予選の筆記クイズの成績で立命館大学のクイ研「RUQS(ルックス)」に引けを取らなかった初めてのクイズ大会でした。ギミアやFNSの予選筆記を通過するようなプレーヤーと同じ土俵に初めて立つことができたのです。

なんか、話がそれてきた。戻そう。

47ページの「スーパープレーヤーの会」。懐かしい。(私は参加していません。というか、参加資格を満たしていませんでした。格下やし)
上記のKさんや、Hさんなど、私と共に切磋琢磨した人も何人か参加していました。
「スーパー~」とは随分エラそうな呼称だと感じる人がいるかもしれませんが、参加者は、「つどい」や「G1の会」(だったっけ?)など別の名前で呼んでいた人が多かったように思います。
もし、今の時代にこのような「つどい」があったら、ネット上で炎上するでしょうね。だって、数少ない、大会の戦績上位者(決勝進出者)だけが集まって、自作問題を持ち寄り、出題し合ってたんですよ。いや、それだけなら、どうぞおやりください、ってな感じで、べつにいいんですけど。
少し鼻持ちならない感じがしたのは、その「つどい」での使用問題が門外不出だったことです。まあ、心血を注いで作成した力作問題が、簡単に外部に漏れることを快く思わない人が何人かいたのでしょうな。
当時は異なるサークル間のライバル関係度が今より強かったかもしれません(「つどい」はサークルを超えた枠組みですけど)。「つどい」のメンバーでもあったHさんは次のようなことを言っていました。「せっかくサークルで出した〈持ち駒ともいうべき(『01』3ページ)〉新作問題を、●●(ライバル視していたプレーヤーの一人)とかがフツーに読んでたら意味ないやん」と。
でも、「つどい」みたいな、大会活躍組(優勝候補集団)の特権階級のみが「持ち駒」を共有してるという状態は、下々の者にとっては、なんとなく釈然としませんわな。

そういえば、思い出した。「クイズ界のハッブルの法則」という言葉があったなあ。強い人はますます強くなり、そうでない人との差がどんどん広がるという意味です。

また、話がそれた。

クイズ神にまでなったAさんの輝かしい戦績はうらやましいかぎりです。思い出したくない惨敗もいくつかあるようですが、テレビとオープン大会の両方で複数回優勝しているのですから、完全な勝ち組です。
それはそうと、この本の続き、すなわち、『ワールド・クイズ・クラシック』以降についてのエッセイも刊行される予定だそうです。ということは、なぜ、あの場面で、1対1の対戦相手に・・・・

おっと、これ以上は触れないでおこう。

「秘蔵クイズ問題500問」も良問揃いです。
そういえば、『ダダイストカップ』の問題は、私の周りではとりわけ評価が高かったです。


ウルトラクイズ・ロストジェネレーションの逆襲 ~クイズ神・安藤正信の軌跡 I~ (QUIZ JAPAN全書)

『キミには無理かも!? 東大クイズ研 異次元クイズ』

新刊の東大本「異次元クイズ」、メモしながら、最後まで読みました。

すごい→日本一→世界一 ときて、今度は異次元でしたか。

実はわたくし、この「異次元クイズ」を発売日に買おうと思っていたのです。買う気まんまんだったのです。ところが発売日とされる日にはまだ書店には置いてありませんでした。ひょっとして、三次元世界では売ってないのかと思いましたよ。

それにしても、タイトルが「異次元」とは予想外でした。「日本一」「世界一」の次ですから、頭の悪そうなアレがタイトルになるんじゃないかと、そんなわけないかと思いつつも予想していたのですが。

ところが、6ページに「世界大会でも優勝を飾った、銀河系最強のクイズサークルである」とちゃんと書いてあるではありませんか。やったぁ、半分予想が当たった。

その前に、5ページの巻頭言
そうなんです。クイズ界は夥しい量のB5判の冊子を生み出し続けてきたのです。

「後続の書の亀鑑となり木鐸となる事を目指した、と言えば大言壮語が過ぎるでしょうか」
いえいえ、前作『世界一のクイズ』の表紙に書いてある「良問クイズが次々登場」「極上のクイズ問題集をお楽しみあれ!」と比べりゃあ謙虚なもんです。

でも、「これが現時点における書籍クイズの到達点です」とか書いてあるし・・・。さすが銀河系一だ。

今回の東大本は、東大クイ研(TQC)のメンバーの誰がどんな問題を作ったのかが明確に分かる編集になっています。1人につき25問で、計18人それぞれの個性的な問題が楽しめます。18人は全員、男!! いや、驚くことではないか、クイズサークルだし。
出題者紹介は程良い簡潔さでまとまっていて、まあ、良いと思います。誕生日、血液型、好きな食べ物等をずらずら表記してもしょうがないですからね。

25問ごとに挟まれた「STORY」も特筆ものです。TQCメンバーの頭からネジが外れてさあ大変、戻さなきゃという話です。ラストあたりではえらいことになっています。世界が終わるかどうかの瀬戸際なんですよ。

で、掲載問題についてですが、タイトルに「君には無理かも!?」とありますので、超難問ばかりなのかなと思っていたのですが、実際は、易問から難問・超難問まで幅広い難易度の問題群でした。全体的には難しめの問題が多かったですね。
「君には無理かも!?」だけに、私には無理な問題がたくさんありました。でもまあ、「クイズ界」のクイズプレーヤーにとって問題集は、解くものというより、読むものですから。無理な問題が多い方がありがたいくらいです。
答えが分かる問題が多すぎる問題集はクイズプレーヤーにとってはあまり価値がないのです。

余談。
「STORY」ページは背景が方眼紙になっています。そういえば去年でしたか、『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』という本が出版されていました。さすが東大、頭がいいね。

★『子猫物語』(1986年)

▼映画『子猫物語』からのクイズ

【784】監督・脚本を務めたのは誰?
※市川崑が「協力監督」を務めた。

【785】主役の子猫の名前は何?
※一緒に冒険の旅をする子犬(パグ)の名前はプー助。

【786】劇中には谷川俊太郎の詩がたびたび登場しますが、その朗読を担当したアイドルは誰?
※ナレーションを担当したのは露木茂。

続きを読む ★『子猫物語』(1986年)

「Qさま!! 3時間スペシャル」芸能人・医者・弁護士対決

クイズ番組「Qさま!!」。
普段は観ないけど、マイミクの方が出場するということで、2月2日(月曜日)放送の3時間スペシャルは観ることにした。

医者と弁護士。頭がいい人の代名詞的職業ですな。でも、知識が多いことと頭がいいこととは別問題でしょ。

この番組、「本当に頭がいいのは誰だ!」って銘打ってるけど、そんなん、どのジャンルにウェイトをかけて出題するかで結果はいくらでも変わる。

どうも、テレビのクイズ番組は、知識がある、イコール、頭がいい、と短絡的に考える傾向がある。

それはさておき、Qさま!!の早押しはテレビならではですね。画面を見て答える早押しなんて、一般のクイズサークルではなかなかできないことだ。(クイズプレーヤーの能力は耳で聴く早押しに特化しているのだ)

番組の感想には「易しすぎる」と「難しすぎる」の両方があったそうだ。こりゃ、どう作っても賛否両論は避けられないということですな。
競技の形をとっていても、テレビのクイズというものは「視聴者が観て分かる」ようにしなきゃいけないから大変だ。例えばプロ野球の放送では、普通の人が手も足も出ないような豪速球をピッチャーが投げていても視聴者は文句を言わない。当たり前だ。テレビのクイズ番組も、最強クイズ王決定戦を銘打つなら、一般視聴者を置いていくくらいの難問をバンバン出すべきだよ、本当は。

まあ、Q!!さまは厳密に「最強」を決めるクイズ番組ではないから、易しめの問題でいいですけど。

結果は優勝候補のNさんが順当に優勝。でも、決勝のあのルール、最後の1問を正解した人が優勝!みたいになってなかったっけ? まあ、べつにいいけど。テレビのクイズだし。

「3つ全て答えろ」のビジュアル問題は、普通の「1つ」ではないところが斬新だと思った。(Qさま!!を普段観ている人にはおなじみかな?) 「3つ全て」って、一瞬難しそうに感じるけど、だいたい、そのうち1つか2つはかなり易しかったね。

「湯浅さん、落ち着いてますねえ」(司会者)・・・でも、正解直後は落ち着いてない。そういえば、湯浅卓さん、以前より髪の毛を短めにしてるんですね。

東大卒“ヤング弁護士”Mさんの態度にも賛否両論あったそうです。あれを「否」と言う人は狭量すぎるでしょう。そりゃ、学校のイジメ問題は無くなりませんわな。
「クイズの勉強はするのか?」と聞かれた時のMさん、「しないですね。だから何の勉強をするんですか、クイズの勉強って。クイズの本を読むんですか?」。
そうなんです。クイズの勉強とはクイズの本を読むことなのですよ。クイズ界ではクイズ本を読まない人はまったく通用しないのです。
でも今回のQさま!!は、特にクイズ本を読んでいなくてもなんとかなる問題がほとんどでしたね。Mさんが音楽記号の問題を正解した時、司会者が「音楽も強いのか」って言ってたけど、いやいや、あんな3つの記号くらい、小学校で習いますから。
三流大学をバカにする人がいるが、三流大学の入試問題だって、一般の大人にとっては超難問だよ。
大学の入試問題なんか、一般視聴者にはチンプンカンプンだから、クイズ番組では出せませんわな。
漢字クイズだって、本来なら普通の文章に出てくるような二字の熟語をもっと出すべきだと思うが、「一般視聴者に分かる」ことを重視するテレビは、どうしても「紐育」「海鼠」「喋喋」みたいなのを出しがちなんだよね。どうゆうことなのかというと、「紐育」とか「海鼠」は通常漢字では書かないでしょ。「喋喋」なんか漢字変換でも出てけえへんで(「べらべら」だっけ?)。戦後は原則としてひらがなで書くようになった接続詞とか副詞とかを漢字にして、それを「読め」という問題が、テレビの漢字クイズではよく出題されるけど、それこそ、一般から乖離してるんじゃないのかな。

★『銀座カンカン娘』(1949年)

▼映画『銀座カンカン娘』からのクイズ

【776】同名の主題歌の作曲者である、国民栄誉賞受賞者は誰?

【777】落語家・新笑の家に居候する二人の若い女性、お秋を演じているのは高峰秀子ですが、お春を演じているのは誰?
※新笑を演じているのは古今亭志ん生(5代目)。

【778】お秋の恋人・武助を演じている、『燦めく星座』『東京の屋根の下』『野球小僧』などのヒット曲で知られる歌手は誰?

続きを読む ★『銀座カンカン娘』(1949年)

★『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年)

▼映画『ミリオンダラー・ベイビー』からのクイズ

※この作品は第77回アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞しています。

【765】監督・主演(ボクシングジムを経営する老トレーナー役)を務めたのは誰?

【766】主人公の女性ボクサー、マギー・フィッツジェラルドを演じた女優は誰?

【767】フランキーの旧友でジムの雑用係をしている元ボクサー、エディ・“スクラップ・アイアン”・デュプリスを演じている俳優で、同作品によりアカデミー助演男優賞を受賞したのは誰?

続きを読む ★『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年)

★『悪の教典』(2012年公開)

▼映画『悪の教典』(監督・脚本:三池崇史)からのクイズ

Q.

【731】原作者である小説家で、他の代表作に『黒い家』『青の炎』『新世界より』などがあるのは誰?

【732】主人公の“ハスミン”こと蓮実聖司(はすみせいじ)を演じた俳優は誰?

【733】北欧神話に因んで蓮実聖司が名付けた、毎朝、蓮実の家の庭に来る2羽のカラスの名前は何と何?

続きを読む ★『悪の教典』(2012年公開)

今年(2014年)も高校生クイズを観た。

アメリカ横断ウルトラクイズが復活しました。
ただし、高校生限定で。

いやあ、一年が経つのは早いもんだ。高校生クイズの季節がやってくると、「えっ、あれからもう一年なのか」と愕然とするよ。

去年の高校生クイズはある意味おもしろかったねえ。特に象にリンゴ100個運ばせるやつとか。で、お約束のようにリンゴをバラバラバラッと落っことしちゃって。そしてその落ちたリンゴを象が食べる。

去年のことはおいといて、今年。

三人組から二人組になったのが最大の変更点。理由はネット上で言われているあのことのせいかな? それだったら、抱き合うの禁止にすれば済むことなのに。

ネット上では「問題が簡単すぎる」という意見がちらほらとあるけど、難易度なんかどうだっていいでしょう。高校生クイズは元々、厳密に最強のクイズ王(たち)を決める番組ではないんだから。

問題の難易度(知力面)より、むしろ体力面のほうが、高校生にとっては大したことないでしょう。「知力、体力、時の運」っていうけど、高校生で「体力」っていうんなら、サスケみたいなことをしなきゃ。運動部の部活をやってなくても、体育の授業をふつうにこなしている生徒なら、高校生クイズ程度の体力企画は楽勝でしょう。

「時の運」ねえ。運の要素なんか、入れようとしなくても結果的にどうしても入っちゃうもんだからねえ。問題数が少ないラウンドはそれだけで「運」のラウンドになりますから。

敗者復活。英語上手だね。ちゃんと通じてる。話しかけられたアメリカ人が「はぁ?(何言ってるの?)」ってなってなかったもん。まあ、通じてない場面とかはカットされてるんだろうけど。もしかしたらヤラセまがいのことをしてるのかもしれませんな。そうじゃないとちょっと危険でしょう。アメリカ人もいい人ばかりとはかぎらないし。それにしても身長190センチ以上って、むこうにはゴロゴロいるのか? 仕込み?

テキサスの銃の早撃ちは、なんとなく、取ってつけた感があったなあ。まあこれはしょうがない。

泥んこは、きっちり2人分ずつ用意してるんだね。早押しボタンも1人1つずつにしたらいいのに。押しにくくてイヤだなと思っている高校生は多いはず。例年の3人で1つのボタンよりはマシだけど。

それにしても、泥んこになったうえに即敗退ってかわいそうだな。たった1問で地獄行き。納得出来ない参加者も多かろう。

決勝。今言うのもなんですが、ウルトラクイズかよ。
去年が三人四脚だったから今年は二人三脚とはならなかった(そりゃそうだ)。カップルで二人三脚とか仲睦まじくていいんじゃないの。でも体格に差がありすぎたら走りにくいか。そうだ。フィンランドあたりでやってる「奥様運び」みたいなのを決勝でやったらどうかな? あ、女子ペアにはきついからダメか。

ウルトラクイズでも、決勝はガチがいいという意見が多いけど、途中のラウンドが不条理で最後だけ実力主義ってのは、敗退者の心情を考えるとあんまり良いとは思えませんな。

優勝賞金は 2000ドル(約21万円)。少ないって言う人がいるけど、アメリカにも行かせてもらえたんだし、このくらいの金額で十分でしょう。賞金高くして、お金目当ての参加者が増えたらろくなことにはならんよ。クイズのオープン大会をみなさい。優勝賞金ゼロでもがんばってますよ。

スギちゃんを久しぶりに見た(テレビをあまり観ないものですから)。
今年の高校生クイズでも、スタジオのタレントとかワイプとかいらないという人が多かった。たしかにそうだ。なんでタレントを出すんだろう? 視聴率のため?(そんなに効果ある?) 芸能事務所からの圧力?
そういえば『アメリカ横断ウルトラクイズ』でも、高島忠夫と石川牧子アナが司会をしていたスタジオのパートがあったっけ。第13回以降は無くなったけど。
『ウルトラクイズ』のスタジオパートは評価が高いような気がする。(あれは良かったと言っている人がいた)
よく覚えてないけど、今のスタジオと何かが違うんかな。

そういえば、今年の高校生クイズ、「ニューヨークへ行きたいかー!」の絶叫は無かったな。

偶然見つけた「地下クイズ王決定戦」の動画。
こんな番組が放送されていたとは知りませんでした。

みなさん、ボタン押すの早いですねえ。
まあ、誤答のペナルティが小さいからというのもあるでしょうけど。

誰かが誤答しても他の人にはその問題を答える権利があるというルールの良いところは、「問題潰し」が発生しないことですね。

※追記
この記事の投稿時に貼っていたYouTubeの動画は、のちに削除されてしまいました。