2019年のアイズナー賞、マスオ役とジャムおじさん役の後任など | 6問

Q.

【6581】今年(令和元年)8月2日に死去した漫画家で、主な作品に『山田太郎ものがたり』『僕と彼女の×××(ペケみっつ)』『あひるの王子様』『極楽青春ホッケー部』などがあるのは誰?

【6582】妻はイラストレーター・絵本作家の石黒亜矢子。『富江(とみえ)』『うずまき』『ギョ』などのホラー作品で知られる漫画家で、今年(2019年)のアイズナー賞(ウィル・アイズナー漫画業界賞)(※「漫画のアカデミー賞」と呼ばれる)(*)で、『フランケンシュタイン』(原作:メアリー・シェリー)により最優秀コミカライズ作品賞を受賞したのは誰?
(*)同年、東村アキコも『東京タラレバ娘』で最優秀アジア作品賞を受賞。

【6583】著書に『戦後の貸本文化』『トキワ荘の時代 寺田ヒロオのまんが道』などがあり、貸本漫画の研究家として知られる、本名を長津忠(ながつ・ただし)という漫画評論家で、1967年には石子順造、権藤晋(ごんどう・すすむ)、菊池浅次郎(山根貞男)とともに日本初の漫画評論同人誌『漫画主義』を創刊したのは誰?
※ 2019年7月23日、死去。

【6584】《4択問題》
今年9月に東京で回顧展「画業50年“突破”記念 ~」が開かれる予定である漫画家・永井豪は今年、フランス政府から芸術文化勲章「シュバリエ(騎士)」が贈られました(※鳥山明も今年受章した)。
さて、海外で放送され人気を博した永井豪原作のテレビアニメで、フランスでは『ゴルドラック』のタイトルで放送され高視聴率を獲得したのは次のうちのどれでしょう?

  • 『デビルマン』
  • 『マジンガーZ』
  • 『UFOロボ グレンダイザー』
  • 『キューティーハニー』

【6585】今年8月13日放送のテレビ番組「はじめまして!一番遠い親戚さん」にゲスト出演し、『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO』『ましろのおと』などの代表作がある漫画家・羅川真里茂(らがわ・まりも)の親戚であることが明かされた、同日、愛知県民栄誉賞を受賞した人物は誰?

【6586】声優の増岡弘は、高齢を理由に『サザエさん』のフグ田マスオ役と『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役を卒業することになりました。フグ田マスオ役を引き継ぐのは、『ドカベン』の山田太郎役や『キン肉マン』のテリーマン役などで知られる田中秀幸ですが、ジャムおじさん役を引き継ぐのは、『それいけ!アンパンマン』でめいけんチーズ役やカバオくん役なども演じている誰でしょう?

A.

【6581】森永あい

【6582】伊藤潤二

【6583】梶井純

【6584】『UFOロボ グレンダイザー』

【6585】吉田沙保里

【6586】山寺宏一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。