NPB | 父は古谷輝紀、1517回連続守備機会無失策を達成など | 4問

プロ野球の時事です。

Q.

【6483】今年(2019年)3月29日、開幕戦となる対西武戦で延長10回から登板し、2019年の新人投手として勝利一番乗りを果たし、その好投によりセットアッパーに抜擢され、ドラフト制後の新人による開幕からの連続無失点記録(※13試合連続無失点)を作った、福岡ソフトバンクホークスの投手は誰?

【6484】今年5月5日、3軍での試合で日本人左腕最速となる160キロをマークした、福岡ソフトバンクホークスの投手で、ばんえい競馬の元騎手である古谷輝紀(ふるや・てるき)を父に持つのは誰?

【6485】今年5月10日の対日本ハム戦で、自身が持つNPB最多記録を更新する17本目の満塁本塁打を放った埼玉西武ライオンズの選手は誰?

【6486】今年5月16日の対中日戦で、一塁手としてNPB新記録となる1517回連続守備機会無失策を達成した(※榎本喜八の記録を更新)、横浜DeNAベイスターズに所属するベネズエラ出身の選手は誰?


A.

【6483】甲斐野央(かいの・ひろし)

【6484】古谷優人(ふるや・ゆうと)

【6485】中村剛也(たけや)

【6486】ホセ・ロペス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。