月別アーカイブ: 2018年1月

「#MeToo(私も)」運動を批判した女優や作家

Q.

【5591】代表作に、女性を子供を産むための道具として扱う近未来の独裁国家・ギレアデ共和国を描いたディストピア小説『侍女の物語』があるが、最近、性暴力の被害を告発する「#MeToo(私も)」運動の行き過ぎを懸念する論説を発表し、論争を引き起こしたカナダの女性作家で、その他の主な作品に、2000年度のブッカー賞受賞作である『昏き目の暗殺者』(原題:The Blind Assassin)や、『オリクスとクレイク』『浮かびあがる』『寝盗る女』『キャッツ・アイ』などがあるのは誰?

続きを読む 「#MeToo(私も)」運動を批判した女優や作家

Q.

【5590】夫は同じフジテレビの後輩アナウンサーである生田竜聖(いくた・りゅうせい)(※俳優・生田斗真の弟)。
父の義孝(よしたか)は2015年より宮内庁式部官長を務めている元外交官。
妹の玲奈(れな)もテレビ東京のアナウンサーである、
父の仕事の関係でロンドンやモスクワにて海外在住経験を持つ帰国子女であるフジテレビのアナウンサーで、
先頃、週刊文春で、同局内のプロデューサーと竹林堆肥小屋で密会(※車中不倫)していたことが報じられたのは誰?

答えを見る

Q.

【5589】1月17日、アメリカのトランプ大統領は計11件の「フェイク(偽)ニュース大賞」を発表しました。そのうちの1件である、ニューヨーク・タイムズ紙が昨年の大統領選でトランプが当選した直後に掲載した「トランプが大統領では経済は決して回復しない」とした記事の執筆者である、2000年から2015年までプリンストン大学教授を務め、2015年からニューヨーク市立大学大学院センター(CUNY)の教授を務めている経済学者で、2008年、「貿易パターンと経済活動の立地に関する分析の功績」という受賞理由でノーベル経済学賞を受賞したのは誰?

※ロシア疑惑の渦中にあるのは、むしろ、ヒラリー・クリントンの方です。

答えを見る

2018年 野球殿堂入り(日本)

2018年、野球殿堂入りメンバー

Q.

競技者表彰

プレーヤー部門

【5580】連続打席無併殺打「1002打席」、連続4番先発出場「880試合」などの日本記録を保持している、両親は在日韓国人2世である元プロ野球選手は誰?

続きを読む 2018年 野球殿堂入り(日本)

Q.

【5579】昨年12月23日に放送されたニコニコ生放送「【ニコめし】独りでも寂しくない!聖夜のクリスマス飯!!」に、加藤純一、蒼井そら、パンツマン(本名:神崎嘉宏 /料理動画の配信者)らと出演し、番組内で懸命に調理するパンツマンを二人で執拗にいじりつづけ、マジギレしたパンツマンからニンジンを投げつけられてしまった、ボケ担当の嶋佐和也、ツッコミ担当の屋敷裕政からなる、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビは何?

答えを見る

Q.
【5569】今年1月6日、10代の妻の顔を殴るなどしてけがを負わせたとして傷害容疑で逮捕され、8日に釈放された経済評論家の三橋貴明(みつはし・たかあき)(本名:中村貴司(たかし)容疑者との共著に『コレキヨの恋文』『真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪―』がある、彼の元妻である作家は誰?
※他の著書に『希臘(ギリシア)から来たソフィア』(企画・原案:三橋貴明)、『顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い』(‎企画・監修:三橋貴明)がある。

答えを見る